2020春大特価セール! 1.25-53 リアフォース AGS ISO トーナメント ダイワ / トーナメント ダイワ 磯竿 磯釣り-ロッド・竿









仕様表



粘りを鍛えあげた「粘靭ブランクス」搭載の
トーナメント磯シリーズ『TOURNAMENT ISO AGS REAR FORCE』

『トーナメント磯AGS』で採用した細身肉厚の「粘靭ブランクス」は、積極的に胴~元部の粘りを活かすことで、むやみに魚を暴れさせずに確実に獲ることを狙った。それは同時に手や腕にかかる負担を軽減。かつ、道糸やハリスに加わる負荷を緩和することで、ワンランク細い仕掛けの使用を可能にした。『REAR FORCE』は、その調子を更に推し進め、元(REAR)までもっとスムーズに曲げ込めるよう仕立て、その名の通り手元付近から力(FORCE)が湧き出てくるバランス。魚が掛かってからは、竿のパワーが最も発揮する元部まで曲げた状態を保持。浮き上がってきた分だけラインを巻き取るやり取りで、こちらに顔を向かせたら、沖に走らせる隙を与えずターゲットを仕留める。

磯コラム(column)
竿の調子とドラグの関係

【フカセ釣りにおけるドラグの役割を考える】

細・軽・ピン─。細身&軽量、シャープで操作性に優れた振り調子は、かつて「トーナメント調子」とも呼ばれ、ダイワ磯ロッドの伝統ともいえるものでした。張りのある調子が好まれたのは、競技会指向の高まりが背景にあったと思われます。当時は食わせた魚を積極的にコントロールする、手返しの早い釣りが主流でした。

そんな「トーナメント調子」から脱却し、竿を曲げ込むことによって粘りとパワーを発揮する「細・軽・靱」へと大きく舵を切ったのは、現行の「トーナメント ISO AGS」。そして2018年、さらに曲がりを手元へ近づけた「トーナメント ISO AGS リアフォース」がラインナップに加わったことで、最もパワーを発揮する元部を曲げた状態をキープし、反転しようとする魚の動きを封じるというやり取りが可能になりました。

やり取りは竿で行うのが基本です。しかし、相手は自然界に棲む魚であり、予期せぬ反撃に遭うこともあります。こんなときにラインを出して竿の角度を立て直す役目を担うのがリールです。

現在、ウキフカセ釣りではLB(レバーブレーキ)リールの愛用者が目立ちますが、ダイワのLBはすべてドラグ機構の付いたLBDです。ではこのドラグをどんな目的で、どんな設定で使っているのかと問われたとき、皆さんはどのように答えるでしょうか。LBDのドラグはあくまで付加機能であるので、「なんとなく……」という人が案外多いのではないかと推測します。

ここでちょっと変な言い方をします。柔軟な磯竿とドラグは、本来あまり相性がよいものではないのです。

なぜか─。

磯竿は曲げることによって弾性を生み出し、これがクッション効果となってハリスの強度を補う仕組みになっています。このクッション性能がラインから伝達されるテンションを緩和し、またガイドが強くラインに押されることによって摩擦抵抗も生じるため、竿を曲げて弾力を活かすほど、ドラグが滑り始めるレスポンスが悪くなります。もちろん、これは竿が十分に仕事をしている状態なのでドラグでラインを出す必要はなく、やり取り上ではまったく問題はありません。

ただし、ドラグを活用しようと考えているのなら、竿の角度によってドラグが滑り出すタイミングが変化することを頭に入れておきたいものです。現在は「ATD」や「ATDタフ」といった設定値に忠実なドラグが開発されていますが、竿の弾力とガイド摩擦抵抗がドラグの動作に大きく影響していることは同じです。

【ドラグ設定の実例】

とはいえ、竿の曲がりによってドラグの効きが変化することを逆に利用すれば、より攻撃的なやり取りが可能になります。たとえば、想定するサイズの魚が食って竿を思いっきり矯めたときに、ドラグが滑らないギリギリの値に設定しておきます。竿の角度をキープして、弾力とガイド抵抗がマックスの状態であればドラグは滑りません。しかし魚に強く引かれて竿が伸されそうになると、弾力とガイド抵抗が低下し、ドラグが滑るという寸法です。これはソルトルアーから磯釣りまでこなす、村越正海さんのドラグセッティング法です。

ダイワのロッド開発が推奨するドラグセッティングは、竿を目いっぱい矯めた状態で魚に強く引かれたら、そのままのロッド角でドラグが滑る程度。村越さんのセッティングよりやや弱めのドラグ設定ですが、急な締め込みで多少対処が遅れても竿を伸されることがないので、ビギナーなどレバー操作に不慣れな人でも安心してやり取りに集中できるセッティングといえるでしょう。

レバーを主体にして、よりダイレクトにやり取りを楽しみたい人は、ドラグを締め気味にするとよいでしょう。大物師として著名な山元隆史さんのセッティングがこのパターンです。

特に相手が大型の尾長のときは、沈み根の近くで走られるとあっという間に根ズレでハリスを切られてしまいます。ドラグは締め込んでおき、強引に矯めている状態でギュッと走られたときに、ようやくジリッと滑る程度と山元さんは言います。それでも山元さんが愛用する「トーナメントISO3000SH-LBD」には、高負荷状態でのドラグ性能が高い「ATDタフ」が搭載されており、ドラグを締め気味にしていても必要なときはきちんと滑ってくれるそうです。

ダイワのテスター陣で、最もLBDのドラグを積極的に使いこなしているのは、細糸の使い手である田中貴さんかもしれません。田中さんのドラグ設定はかなり緩め。手で道糸を引っ張るとズルズル出ていく状態です。魚を掛けて竿を起こすと、そこそこの型ならドラグが滑ってしまいますが、ここから必要に応じてドラグを締め、竿を矯めている状態でドラグが滑らないギリギリの値に調整するそうです。

田中さんがドラグを緩めにする理由は“合わせ切れを防ぐため”です。0負荷のウキを駆使した沈め釣りを得意とする田中さんは、風の影響を抑えるために1.35?1.65号と細めの道糸をメインとしています。仕掛けを流している間は竿先が海面近くにありますが、アタリがあれば合わせを入れ、竿を起こさなければなりません。

ウキを沈めているときは、どうしてもアタリがあってからの対処が遅れがち。このとき、ドラグをガチガチに締め込んでいると、竿を起こす前に道糸が切れる恐れがあります。仕掛けを流している最中はベールを開けていますが、緩めに設定したドラグで二重に保険を掛け、不意に訪れるアタリに備えるのが田中さんのドラグセッティングであり、細い道糸を使いこなすための工夫といえます。

今年デビューした「トーナメント ISO AGS リアフォース」は大きく手元まで曲がる竿で、曲がった際のガイド抵抗も大きくなります。

「これはズルズルの設定でも、竿を立てればドラグが滑らないということ。やり取りの途中でドラグを締め直す必要がなくなるかもしれません」(田中)

竿の特性を利用したドラグセッティングといえそうですね。
■ESSにより成しえた粘靭ブランクス「細身・軽量・靭(粘)」
■穂先(#2番節まで)部NリングAGSを搭載し、操作性向上
■SVFナノプラスを採用し、細身化を実現
■キャスト時のブレやネジレを防ぐ「X45」搭載
■V-JOINTによるスムーズな曲がりで魚を暴れさせずに獲る
■現行トーナメントと異なる「REAR FORCE」のデザイン仕様

■新型Nリング採用AGS
従来モデルのAGSにくらべ、リング内面積を大きくすることで、ラインの放出性がアップ。軽い仕掛けの飛距離やラインメンディングなどの操作性が飛躍的に向上。

■滑り止め付きエンドグリップ
やり取り時に肘を当てた際、しっかりとホールドが利くようエンドグリップ部にも滑り止め加工を採用。

■コインネジ式下栓
下栓は磯場での脱落を防止するコイン開閉タイプ。メッキ処理を施し、高級感を演出。

■トーナメントセンサーハンプリールシート
専用新型リールシートを開発。手の平にフィットするハンプ形状が卓越したホールド感を実現。リールをしっかり固定するスクリュータイプ。また、デザインも、風を切るようなレーシーなイメージへと変貌を遂げた。

■ESS[エキスパートセンスシミュレーション]

感性領域設計システム『ESS』ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。DAIWAは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域までロッドに反映する事が可能。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム『ESS』。

■AGS[エアガイドシステム]
軽量・高感度のエアガイドシステム『AGS』。カーボンフレームの軽量性は飛距離とコントロール性能を向上。チタンと比較し約3倍の剛性をもつカーボンはラインを通して伝わるわずかな信号を吸収することなくダイレクトにブランクに伝える高感度を有する。シングルフット、ダブルフットともに更にサイズ・形状のバリエーションが充実。さらに新開発の軽量リング「Cリング(コバルト合金)」、「Nリング(シリコナイト)」を搭載した次世代『AGS』が登場。『AGS』の進化からますます目が離せない。

■X45
ネジレ防止は「45°」が最適。パワー、操作性に革命をもたらすネジレ防止の最適構造。従来構造(竿先に対して0°、90°)に、DAIWA独自のバイアスクロス(±45°に斜行したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度が飛躍的に向上。

※ネジレに対して最も強い「45°」X構造をネーミングに採用。「Xトルク」は世界共通の商標として「X45」に呼称変更いたしました。

■MEGATOP[メガトップ]

メガトップは、繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッドであり、どの方向にも同様の曲がりを見せる。更に通常のカーボンソリッドに比べて強度が飛躍的に向上。これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能。カーボン素材特有の手に響く感度はもとより、穂先に表れる視覚的感度も大幅に向上。

■SVF NANOPLUS[エスブイエフ ナノプラス]

磯竿初のSVFナノプラス採用。レジン量を減らす事で、より多くのカーボン繊維を密入し、軽さ、パワー、細身化を実現するカーボンシート「SVF」に東レ(株)ナノアロイテクノロジーをダイワ独自の製法で組み合わせ、さらなる高強度化・軽量化を可能とした。

■V-JOINT[V-ジョイント]
スムーズな節の曲がりが理想の調子とパワーアップを実現。節の合わせ部分にDAIWA独自のバイアス構造を採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度が向上。

■ICガード(#4番)
縦方向のI型形状と周方向のC型形状、ダブルの突起で雨、潮によるラインのベタつきを軽減。高耐久撥水スーパーコートとの相乗効果で、従来以上の快適なラインさばきを実現。
磯釣り 磯竿 AGS トーナメント
品名 :1.25-53
全長 (m) :5.3
継数 (本) :5
仕舞 (cm) :115
自重 (g) :205
先径/元経 (mm) :0.75/24.8
錘負荷 (号) :1-4
適合ハリス (号) :1-3
カーボン 含有率 (%) :98
【ヨネックス】 アストロクス88D バドミントンラケット(ガットなし) [サイズ:4U5] [カラー:ルビーレッド] #AX88D-338 【スポーツ・アウトドア:バドミントン:ラケット】【YONEX】

2020春大特価セール! 1.25-53 リアフォース AGS ISO トーナメント ダイワ / トーナメント ダイワ 磯竿 磯釣り-ロッド・竿

【ネーム&ナンバー無料】チェルシー 16/17 ホーム(青) アディダス製

【2017モデル】 オノフ フォージド アイアン ウェッジ 黒 単品(52°, 58°) シャフト:N.S.PRO MODUS3 スチール ONOFF KURO COLLECTION